Write a review - CASIO G-SHOCK carbon core guard structure DWE-5600CC-3JR Men's - Discovery Japan Mall Skip to search
Bestsellers     New arrivals     32,173 Items

CASIO G-SHOCK carbon core guard structure DWE-5600CC-3JR Men's

CASIO G-SHOCK carbon core guard structure DWE-5600CC-3JR Men's

Login if you want to write a review please log in first.

Write a review!


★★★★★ It is a circuit board camouflage DW-5600E!
Post date : Wednesday, May 1 2019


Google Translation Translated by Google It is a circuit board camouflage DW-5600E!
I think the biggest feature is that it has two bezels and can be easily replaced with a special plastic jig without using screws. Let's briefly summarize the other features of the limited edition. -Although it is a box, the standard bezel of the wristwatch and the circuit board (circuit board) applied to the standard band are printed, and it is considerably larger than the box of the regular model of G-SHOCK. When I opened the lid on the left side of the box when viewed from above, I found an instruction manual for module number 3229/3421, a print of "How to remove the bezel" and "How to remove the band", and a special jig. By the way, the print of "How to remove the band" was the same as the one attached to the replacement band BANDPT01P-1JR for CASIO Pro Trek. From the right side of the box, the box comes out, and from the left, the black replacement bezel, the standard watch body, the black replacement urethane band, and the cloth replacement band with phosphorescent paint. Was included. ● Although it is a standard main unit, the function itself is the same as the DW-5600E-1, the module number is 3229, and it is the most basic type of clock, multi-alarm, timer, and stopwatch. When the back EL light is turned on, the circuit board engraved on the stainless steel back panel emerges in orange. At first glance, the bezel and band look like the colors commonly used on dark green circuit boards, but when viewed through light, they look like green skeletons. The board pattern seen from the front and the board pattern seen from the back are different. The buckle was made in Thailand and was gold. The play ring was a dark green skeleton. The operation buttons are silver, and it seems that it has the first carbon core guard structure in the DW-5600E series. The band used the same slide lever system as the GA-2100 series. Manufactured in Thailand. When the bezel was removed, there was a SHOCK RESIST mark between the mode button and the ADJUST button. The bezel has a small dent in the part where the screw hole of the normal 5600 series is located, and the protrusion of the main body is hooked in a total of four places to fix it. -Although it is a black replacement bezel, the letters PROTECTION and G-SHOCK were not inked. ● Although it is a black replacement urethane band, it is the same as the normal 5600 series, but it is a slide lever type. The buckle was silver and made in Thailand. Module number 3229 was printed in gray at the base of the lower band. -Finally, it is a cross replacement band, but it is not fluent, it is quite solid. The buckle was made in China. The biggest feature is that the circuit pattern is expressed in black and gray, but the gray part is supposed to be phosphorescent, and in the dark place it is shining in fluorescent color. The upper band was printed in gray with 3229 and the base of the lower band was printed in green with 3229. As an aside, the tag was attached because it was a limited edition. In addition, the band of this product could be attached to the GA-2100 series. This product doesn't seem to be so popular, but I'm glad I could buy it because it was the first carbon core guard structure product in the DW-5600E series. Oh, and the weight seems to be a little heavy at 54g.
Original Japanese review Original Japanese review
サーキットボードカモフラージュなDW-5600Eです!
最大の特徴は、ベゼルが二つ付いていて、専用のプラスチック製ジグでネジを使わず簡単に交換可能になっている事だと思います。それでは、簡単に、限定品のその他の特徴をまとめます。●箱ですが、腕時計の標準ベゼルと標準バンドに施されたサーキットボード(回路基板)が印刷されていて、G-SHOCKのレギュラーモデルの箱よりは、かなり大きなものになっています。 箱を上から見た左側面の蓋を開けると、モジュール番号3229/3421の取説と、「ベゼルの取り外し方」と「バンドの取り外し方」のプリントと、専用のジグが入っていました。因みに「バンドの取り外し方」のプリントは、CASIO プロトレック用の替えバンドBANDPT01P-1JRに付属されていたものと同じものでした。 箱の右側面からは、されに箱が出てくるようになっていて、中には、左から、ブラックの替えベゼル、標準の腕時計本体、ブラックの替えウレタンバンド、蓄光塗料付きのクロス替えバンドが入っていました。●標準の本体ですが、機能自体は、DW-5600E-1と同じで、モジュール番号は3229で、時計・マルチアラーム・タイマー・ストップウオッチの最も基本的なタイプです。 バックELライトを点灯すると、ステンレスのバックパネルに刻印されている回路基板がオレンジで浮かび上がるようになっています。 ベゼルとバンドは、一見、深緑の回路基板によく使われている色に見えますが、光で透かして見ると、グリーンスケルトンのように見えます。表から見る基板パターンと裏から見る基板パターンは、違うようになっています。 尾錠は、タイ製で、ゴールドでした。遊環は、深緑のスケルトンでした。操作ボタンは、シルバーで、DW-5600Eシリーズでは、初めてのカーボンコアガード構造になっているようです。バンドは、GA-2100シリーズと同じスライドレバー方式でした。製造は、タイ製でした。ベゼルを外した時に、モードボタンとADJUSTボタンの間には、SHOCK RESISTのマークが有りました。 ベゼルには、通常の5600シリーズのビスの穴がある部分に、小さな凹みがあり、本体の突起を計四カ所引っ掛けて、固定するようになっています。●ブラックの替えベゼルですが、PROTECTIONとG-SHOCKの文字には、墨入れはされて無いタイプでした。●ブラックの替えウレタンバンドですが、通常の5600シリーズのものと同じですが、スライドレバー式になっています。尾錠は、シルバーでタイ製でした。下側のバンドの付け根には、モジュール番号3229がグレーでプリントされていました。●最後に、クロス替えバンドですが、ペラペラでは無くて、結構しっかりしています。尾錠は、中国製でした。最大の特徴は、回路パターンを、ブラックとグレーで表現していますが、グレーの部分には、蓄光されるようになっていて、暗い所では、蛍光色に光るようになっていました。上側のバンドには、グレーで3229とプリントされていて、下側のバンドの付け根には、グリーンで3229とプリントされていました。余談ですが、タグは、限定品という事で付属していました。また、GA-2100シリーズには、今回の製品のバンドが取り付けることが可能でした。今回の製品は、そんなには人気は無いようですが、DW-5600Eシリーズの初カーボンコアガード構造の製品ということで、ボクは、購入できて良かったです。あ、あと、重量は、54gと若干重いみたいです。

Is this review helpful?
Yes   No    Report